気持ちも新たに

posted by 川越町社会福祉協議会

社協が入っている川越町いきいきセンターの1F事務所がリニューアルしました!

約4か月の仮住まいを経て、昨日から新事務所にて稼働しています。

カウンターが設置され、明るくなりました。

気持ちも新たに業務に取り組んでいきます。

ぜひお気軽にお立ち寄りください!

   

2014年10月21日

少し間の空いた投稿、失礼しますm(__)m

9月10日(水)、身体障がい者(児)交流会を開催しました。

今年は、愛知県の知多方面へ日帰りのバス交流会を実施しました。

午前中はめんたいパークで工場見学やお土産を選んでみえました。

その後、世界のタイル博物館では、珍しいものや歴史的なものなど世界各国のタイルの展示物があり、「芸術はわからんなぁ~」や「キレイやな~どうやって作ってるんやろ?」と皆さんそれぞれ感想をもたれた見学となりました。(^^)

 

 

昼食は、海岸を一望できるところでの大きいエビフライ!!しっかりお腹も満たされたところで、次の場所へ。

少し間をあけて、ぶどう(巨峰)狩りへ!!

昼食の後だったので、あまり食べられないかな少し心配でしたが・・・

気づけば2房、3房…と召し上がられていたので、とても安心しました。(*^o^)

今回は初めてのご参加いただいた方も多く、「こんな楽しいならもっと前から参加してればよかった」とご満足な様子でした。

この交流会の開催には、赤い羽根共同募金の配分金を充てさせていただいており、次年度も参加者同士楽しく交流を深めてもらえるように企画したいと思います。(*^^)v

2014年10月14日

災害ボランティア活動 ~兵庫県丹波市にて~

posted by 川越町ボランティアセンター

9月7日(日)に8月16日の豪雨災害による被害を受けた兵庫県丹波市へ、ボランティアセンター職員と川越町防災ボランティア・ネットのメンバーの計4名で災害ボランティア活動に参加しました。

明け方にいきいきセンターに集合し、日の出前に出発しました。

前日までにも、雨が降っていたり、午前中の天気も気にしながら車を走らせ、現地入り。

市島に設置されている災害ボランティアセンターで受付を行い、現地スタッフさんから行き先や注意事項等の説明を受け、活動に入る現場に向かいました。

今回活動に入らせていただいたのは、個人宅の床下での作業でした。

前日までに作業が進んでおり、最後の部屋の床下の泥だしと消毒作業を行ってもらいたいという依頼でした。

床下一面に板チョコのようになった泥が固まっており、ひたすらそれをかき出します。

床板をはがせないところは潜り込んでの作業でしたが、思うような体勢が取れず悪戦苦闘の作業でした。

泥だしのあとは、消毒液をまく作業を行い、石灰をまく作業も続けて行いました。

床下の作業を終え、床板を戻し、畳を敷き、家具やベッドを戻して、依頼内容の完結まで作業を行うことができました。

活動の途中、少し現地の方からお話しを聞くことができ、まさか自分たちのまちでこんな災害が起こるとは思っていなかったと皆さんおっしゃってみえました。

依頼者宅に向かう道中、川の増水でまちの主要な橋が崩落したあとを目にしたとき、自然の脅威を感じました。

作業を終え、本部へ作業終了の報告を終えると、現地スタッフさんから無料の入浴券を人数分いただきました。

来ていただいているボランティアさんへの気遣いが細かなところまで行き届いているのを感じました。

今回、川越社協からはじめてボランティアバス(ワゴン)を出すことになり、不慣れなことばかりで同行いただいたボランティアのお2人には多々助けていただきありがとうございました。

ボランティアバスの計画や災害ボランティアセンターの設置・運営など、学んだことがたくさんありました。

今回の経験を今後の川越町社協の取組にしっかり活かしていきたいと思います。

 

現在、丹波市の災害ボランティアセンターは、丹波市復興支援ボランティアセンターとして引き続きボランティアの受付けが行われております。

今後1日も早く現地の方々が安心できる生活が送れるように、心より願っております。

2014年10月14日

このページの先頭へ戻る

お問い合わせ

お問い合わせは、お電話または
お問い合わせフォームからお願いいたします。

電話番号 059-365-0024 

メールアドレスお問い合わせフォーム