ブログ

第2回 豊田地区社協会議

社協では3年前より順次モデル地区を設定し、地区の福祉活動計画の策定をご提案しています。

地域福祉部門のページにこれまでに策定された計画をアップしております(ぜひ一度ご覧ください!)が、今年度は豊田地区のみなさんと取りかかっています。その第2回会議がありましたので、そのようすをご報告します。

計画の策定は①現状の振り返り・整理 ②目標設定 ③意見交換 ④共有 ⑤実践 というプロセスをたどっていく予定にしており、今回は①の続きに取り組みました。

まずは福祉ってどういうことか、何のためにこういったことに取り組んでいくのかといったことのおさらい。その後グループディスカッションを行いました。

やはりご自分の住んでいる地区のことですので、ディスカッションもテーブルごとで盛り上がります。

地区行事や各種団体のこと、住民間の交流から生活(交通)環境、豊田地区の歴史までさまざまな事がらが話題に上りました。出されたご意見はカードに書き、模造紙に貼っていきます。

…ということで、ディスカッションの2つ目のテーマはそのカードの整理。良く似た事がら・内容ごとに分類していきます。

最後にグループごとに出された意見を発表。さまざまなご意見を全体で共有し終了となりました。

現状の振り返り・整理から、次回は「未来」を描いていく予定です。

posted by 地域福祉係|2012-08-25 (土)更新| ブログComments(0)|

shall we 「まち活」? 第3回

8月17日(金)に生活・介護支援サポーター養成プログラム「shall we 「まち活」?」の第3回を開催しました。

講師におなじみとなりました大阪教育大学の新崎国広先生をお招きし、「サポーター交流会」をテーマに一日かけて取り組みました。

お盆明けの暑い中にもかかわらず、約30名の方にお集りいただきました。ありがとうございます!

まずは午前中、先生による講義からスタート。一般的、全体的な視点から「福祉」とはどういうことか、お話いただきました。

先生は人と人のつながりに着目し、その難しさやだからこそのおもしろさ、そしてそれが現代社会の課題解決・防止への糸口になることを、ユーモアを交えて伝えてくださいました。

私は先生の講義を何度も受けていますが、その度に元気をもらえます。受講者の方々も、同じように感じてもらえたのではないでしょうか。

午後からの主役は地域住民さんにバトンタッチ。

先生のコーディネートで、町内で地域福祉活動に取り組まれている方々の実践報告とそれに基づいたグループディスカッションを行いました。

グループのメンバーチェンジをすることでたくさんの方と感想や意見を話し合える機会とし、会場のそこかしこで会話の花が咲く、活発で和気あいあいとした時間となりました。

私も各グループで少しずつですがお話を聴かせていただき、教科書には載っていない「リアル」を感じ、また、これまで学んできたことを再確認するとてもよい機会になりました。

終わってみればアッという間。

私たちもそうですが、ご参加いただいた方々にも充実の一日にしていただけたのではないかと感じています。

posted by 地域包括 グループ|2012-08-25 (土)更新| ブログComments(0)|

朗読

今日はデイサービスに朗読ボランティア「すいせん」の皆さんがやって来てくれました

思えば今週はボランティアの方が沢山来てくれて、利用者様、介護スタッフ双方にとって有難いことです

この「すいせん」さんもデイサービスに長年来てくださるボランティアのひとつで

朗読といってもただ聞いているだけではなく、発声練習をしたり、クイズをしたり

 

 

 

 

 

 

笑いあり、ためになる話あり、ときには涙あり

巧みな話術で利用者様を物語の世界に引き込みます

中には自分の体験と物語を重ね合わせて涙することもしばしば

目の不自由な方にの朗読テープも作ったり

読み聞かせに留まらず幅広い活動を展開する朗読ボランティア「すいせん」

これからも末永く川越町デイサービスに来てくださいね

posted by 福祉サービス係|2012-08-24 (金)更新| ブログComments(0)|
このページのトップに戻る