ケアマネジャーってなあに?[居宅支援係のブログ]

ケアマネジャーってなあに?

この時期になると、私たちケアマネジャーは年末年始の御利用者様のサービスの調整に東奔西走しています。とくにお食事については3が日が配食サービスもお休みとなることで、それにかわる手配をしなければなりません。冷凍パックを取る方、おせちを取る方等々様々です。普段とは違う食事となるため、担当ケアマネジャーが温めや解凍方法を説明することもしばしばです・・・

そんな中、本日は改めてケアマネジャーについてお話ししたいと思います。ケアマネジャーは簡単に言えば、介護を必要とする方や、その御家族の「相談役」とも言えます。介護が必要な方や、その御家族から心身の状況や御家族がどうやって介護に携わっているのか、御本人や御家族が何を希望しているのか等を聞き取りします。

聞き取った内容をもとに、ケアプラン「居宅サービス計画書」を作成します。そして、この計画をもとに介護サービスの利用がスタートとなります。

また、実際に介護サービスを利用するために御本人の状況にあわせた介護サービス事業者と連絡や調整を図っています。

まとめると・・・

・ケアプランの作成

・介護サービス事業者との連絡、調整

以外にも・・・

・サービス利用の相談やアドバイス

・医療機関との連絡、調整

・介護保険の代行申請業務

・要介護認定調査

・介護保険施設への紹介

介護が必要な方がおかれている状況を的確に把握し、専門的な見解で分析し、その方の生活ニーズを明らかにすることで生活の質「QОL」を高め、その人らしく豊かな生活が送れるように支援していくことが、ケアマネジャーの役割です。

posted by 居宅支援係|2012-12-05 (水)更新| ブログComments(0)|

Comments

Home > ブログ > ケアマネジャーってなあに?

このページのトップに戻る